NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

冬目景や西尾維新…人気漫画家の新連載がたくさん始まってる!

   


黒鉄・改 KUROGANE-KAI

過去作「イエスタデイをうたって」など

2月1日に発売されたグランドジャンプ5号(集英社)にて、過去にモーニング(講談社)にて連載されていた冬目景「黒鉄」が「黒鉄・改 KUROGANE-KAI」のタイトルで新連載としてスタートした。

「黒鉄」は鋼の迅鉄と呼ばれる半身が機械の渡世人と、その相棒で言葉を話す刀・鋼丸のあてのない旅路を描いた時代劇作品。モーニングでは1997年に連載がスタートし、2001年から長らく休載が続いていた。

改とか言うからリブートかと思ったら、普通に続きだった黒鉄改(つっても元から連作短編だけど)。ともあれ文庫が出た時点でもう続きは読めないと思ってたので、素直に嬉しい。 pic.twitter.com/TLocoI9dkC

冬目景の黒鉄・改、、、だって、、新連載してる、、!ヤバイ激アツすぎて、、何年前だよ、連載休止って感じだけど、すごい嬉しい。

漫画関係:コンビニで『え?まじで!?』と素で声を上げてしまった…
いやはや…
まさか『黒鉄』が復活し、『黒鉄・改』がでるとは夢にも思わなんだな…
旧巻の5冊は全部持ってるけど… 新巻はどこまで行くのだろう…
何にせよ14年ぶりに本が出るとは… 続編っぽいのかな…
楽しみだな…

青春奇人伝! 240学園

西尾維新原案による柴もちの新連載「青春奇人伝! 240学園」が、本日2月9日発売の別冊少年マガジン3月号(講談社)にてスタートした。
一般クラスから学園の最果てに存在する240組目のクラス“果ての赤組”に放り込まれた阿良々木暦が、クラスメートの掟上今日子、玖渚友、とがめ、鑢七花、そして戦場ヶ原ひたぎらとともに物語を繰り広げていく。

青春奇人伝! 240学園の第1話、電子版の試し読みで最初から最後まで読めるんやな
shonenmagazine.com/bmaga/index.ht… pic.twitter.com/BK1jt9PSmc

240学園最高すぎる泣きそうとか思ってたら泣いてた……

ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙ァ゙240学園!!!!姫!ひめが!!!!姫がいる!!!!(大号泣)

血の轍

過去作「僕は麻里のなか」など

零落

過去作「デットデットデーモンズデデデデデストラクション」など

マンガ誌「ビッグコミックスペリオール」(小学館)で、「ソラニン」などの浅野いにおさんと「惡の華」などの押見修造さんの新連載が始まることが10日、明らかになった。押見さんの「血の轍(わだち)」が24日発売の6号、浅野さんの「零落」が3月10日発売の7号でそれぞれスタートする。

押見さんの「血の轍」は「その人の幻影が僕を惑わせる。母と息子 これは究極の偏愛」、浅野さんの「零落」は「『心』が尽きた一人のマンガ家の『魂』の漂流を描く」と予告されている。

すげえ!!!
自分の大好きな漫画家2トップの押見修造さんと浅野いにおさんがまさかの横並びで新連載スタート!!!
いやー感動だあああ
twitter.com/chinowadachi/s…

浅野いにおと押見修造の新連載は読むしかないッショォ!ショォ!

銀河の死なない子供たちへ

施川ユウキによる新連載「銀河の死なない子供たちへ」が、本日2月13日にデジタル媒体の@vitamin(KADOKAWA)でスタートした。

本作はこれまでショートギャグを得意としてきた施川が手がける、初の長編マンガ。

『銀河の死なない子供たちへ』第一話もの凄い気合入ってるな、どの程度の長さの作品になるのか今後どう展開していくのかとにかく楽しみ。

施川ユウキ先生の作品へのドキドキ感、楽しみな気持ち、ハラハラ感は異常

ねねね

徒々野雫が原作、「ホリミヤ」の萩原ダイスケが作画を務める新連載「ねねね」が、本日2月10日発売の月刊少年ガンガン3月号(スクウェア・エニックス)にて始動した。

同誌にて展開された短期集中連載でも好評を博した「ねねね」。面を被った37歳の童貞・清と、16歳の少女・小雪の新米夫婦による日常を描いた物語だ。第1話から第3話はガンガンONLINEにて、3月9日までの期間限定にて公開中。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE