NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

買う前に知っておきたい…格安スマホの5つの弱点

   


現在、勢いを増している「格安スマホ」

NTTドコモなど大手通信会社の回線を借りて、割安な値段で通信サービスを提供する格安スマートフォン(スマホ)が本格的な普及期に入った

一方で、トラブルも増えている

通常のスマートフォンと同様のサービスが安く受けられると思ったのに、実際は違っていたといったサービス内容や手続きに関するトラブルが目立つということです

☆格安スマホを購入する前に覚えておきたいこと

契約や利用開始の手続きを自分でしなければならないケースがあるなどサービスの内容に違いがあり、特徴をよく理解したうえで利用することが重要だとしています

国民生活センターは、今まで契約していた携帯電話会社と違う点があることを理解して利用するよう呼びかけるとともに、業界団体に対し、契約時にはより丁寧な説明をするよう要望している

実店舗を運営するコストや、サポートにかけるコストなどを削っているからこそ、格安スマホ事業は成り立っているわけです

実店舗が少ない

大手携帯電話会社では至れり尽くせりのサポートを受けられ、困ったら店頭窓口へ行けば相談できた

メールアドレスが発行されないケースが多い

キャリアメール(@docomo.ne.jpなどのメールアドレス)を利用している方は注意が必要です

格安SIMに乗り換えると、これらのキャリアメールも使えなくなってしまいます

現実的に考えると格安スマホに乗り換えると、フリーメールを使用することになります。フリーメールとは、普段パソコンなどで使用しているGmailやYahoo!メールなどが当てはまります

修理時には代替機が有料(代替機が無い)なことが多い

キャリアのスマホが壊れたら、取りあえずショップに持ち込めば、修理の対応をしてくれて代替機も手配してくれる

故障・修理時の代替機の提供など大手で無料だったサービスについて「格安スマホでは有料だった」

代替機があるのはASUS、TCLコミュニケーション、シャープの3社。ASUSとシャープは有料貸し出しで、TCLは購入日から1年以内であれば無償で借りられる

「かけ放題」のようなプランは少ない

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE