NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

どうなる…?今夏の去就が注目されている海外組選手たち

   


■欧州主要リーグの今季日程が終了

これから約3ヵ月にも及ぶ移籍シーズンに突入

■日本代表の”2大エース”にも移籍の噂が

ミランとの契約満了により退団する本田には、スペインやプレミアリーグの中堅クラブが獲得に興味を示している模様。

ドルトムントの香川は契約延長にいまだサインしておらず、解任が噂されているトーマス・トゥヘル監督の去就次第という。

移籍や退団の噂がある海外組はこの2人だけじゃない

■今夏の去就が注目されている海外日本人選手たち

・チーム最古参に別れの時が到来?

今季、3度の監督交代を経るも7位以下でのフィニッシュが確定し、来シーズンの欧州カップ出場権を逃したインテル。

在籍7年目でチーム最古参となる長友もベンチを温める機会が多く、リーグ戦14試合、EL4試合の出場にとどまった。

昨季終了間際に2019年までの契約延長を勝ち取った長友だが、今季の低調なパフォーマンスにはメディアやファンから厳しい評価も。

クラブ首脳陣は来季に向けてメンバーの一新を図る方針で、長友は放出候補の筆頭だという。

最も強い関心を示しているのはアタランタだが、クリスタル・パレス、サンダーランドらプレミア勢が獲得に興味を示しているという。

過去にはマンチェスター・ユナイテッドからオファーを受けるなど、イギリスでの評価は高い

長友は自身の去就について、インテルへの愛着を口にしながらも「僕を求めてくれる場所で貢献したい」と話している。

・プレミアリーグ移籍が実現か?

今季は公式戦34試合出場1ゴール2アシストで、第9節までリーグ戦全試合で先発フル出場するなどチームに欠かせない存在に。

2年連続のEL出場権獲得に貢献

しかし、11月の第11節アウクスブルク戦で初めて先発から外されると、その後はベンチスタートが増えた。

2018年夏でヘルタとの契約が切れる原口に対して、クラブ側は2021年夏までとなる3年間の契約延長をオファー。

だが原口は、自身の起用法などに不満を持っているとされ、昨年末から現在に至るまでサインをしていない。

現在、来季からプレミアに昇格するブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンと良い形で交渉を行なっている模様。

すでヘルタは原口の代役としてオーストラリア代表FWマシュー・レッキー(26)を獲得

かねてからプレミア移籍を希望していたという原口は「6月13日のイラク戦(ロシアW杯最終予選)後に考える」と話している。

・完全復活

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE