NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

AppleのiPhone6/6Plusが大幅値上げして来た

   


Appleは本日(11月14日)より、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 5sの国内販売価格を改定しました。

iPhone6やiPhone6プラスの販売価格を10%ほど値上げしたようです。最近、アメリカドルに対して円安が10%以上すすんでいる影響でしょうね、これ。

円安が原因で値上げだった

14日午前の円相場は、一時1ドル=116円台前半まで円安ドル高が進んだ。午前9時20分ごろには一時116円20銭付近まで下落し、2007年10月以来、7年1カ月ぶりの円安ドル高水準となった。

円相場の下落は11日夕方に一時116円台に乗せて以降、114円台後半から116円の間で値動きが続いている。

価格

値上げ価格は機種・容量ごとに異なりますが、これによりiPhone 6は最低7万5800円からの販売

iPhone 6

16GB:
67,800円 → 75,800円(+8,000円)

64GB:
79,800円 → 87,800円(+8,000円)

128GB:
89,800円 → 99,800円(+10,000円)

iPhone 6 Plus

16GB:
79,800円 → 87,800円(+8,000円)

64GB:
89,800円 → 99,800円(+10,000円)

128GB:
99,800円 → 111,800円(+12,000円)

iPhone5sの価格も7000~8000円あがっていることが確認できました。iMac 5KやMac mini、iPad Air2は価格据え置きのようです。

キャリア3社の動きもどうなるのでしょうか

このまま円安傾向が続けば、Appleからの仕入れ価格も高くなっていくと思うので、そのうち値段改訂がある可能性

現時点で値上げとなっているのはApple Online Storeで販売されるSIMフリー版のiPhoneのみです。ソフトバンク、au、ドコモの端末代金は変更されていません。

ただiPhoneは競争の激しい商品であり、他社の動向を見つつ、値上げするかしないかを決めるのかもしれません。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE