NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

iPhone6の試作機?126万円の値が付いた物の正体とは

   


■海外オークションサイトでiPhone6の「試作機」が126万円で落札された!?

海外のオークションサイトeBayで、iPhone6の試作機とされる端末が約126万円で落札された

■「試作機」とされる理由は?

出品者の説明によると、同端末は携帯キャリアVerizonでiPhone6(64GB)を注文したところ、偶然入っていた

・OSが「開発者向けモード」だった

出品されたiPhoneについては、アップルの最新モバイル向け基本ソフト(OS)「iOS 8」ではなく、「スイッチボード(SwitchBoard)」と呼ばれる試験用ソフトウエアの「開発者用モード」で稼働していると説明している

・製品版との違いも

背面には、iPhone としかプリントされておらず、製品版にある認証マークなどはない

製品にはない真っ赤な Lightning コネクターポートがある

■実は約1ヶ月前にも出品されていて、その時は1000万円まで高騰したが、謎の打ち切りになっていた

同端末について、試作機として出品されていた際には1,000万円を超える入札が入っていた

・色々な憶測が出ていたが…

VerizonまたはAppleが、試作機を取り返すために手打ちをしたものと思われます。返品を条件に1000万円以上の金銭を用意したのか?それとも法的措置を予告したのか?

・今回はあまり話題に上らず、無事落札されました

■アップルによれば「未完成品」らしい!?

Appleはこの件について、”出品されていた端末はiPhone6の試作機ではなく、未完成品が商品出荷ラインに入ってしまったものだ“としています

■実はiPad mini2の試作機も出品されていた?

iPad mini2の試作機とされる端末が10,500ドル(約120万円)で落札されている

出品者の説明によると、FCC(アメリカ連邦通信委員会)の認可マークや製造番号の刻印がなく、開発者用のテスト用OSで動作する

・こちらも「未完成品」?

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE