NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

43年3カ月ぶり高水準も‥5月の「有効求人倍率」発表に色々な声が出てる

   


●5月の有効求人倍率が1.49倍で43年3カ月ぶり高水準

厚生労働省が30日午前に発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0・01ポイント上昇の1・49倍

●そもそも「有効求人倍率」とは?

有効求職者数に対する有効求人数の割合で、雇用動向を示す重要指標のひとつです。

景気とほぼ一致して動くので、景気動向指数の一致指数となっています。

また,新規求職者数に対する新規求人数の比率である新規求人倍率は,労働市場の先行き的な働きを示すものとしてよく用いられる。

●都道府県別では、福井県が最も高く2.09倍

有効求人倍率、5月は43年3カ月ぶり高水準 失業率3.1%に悪化 reut.rs/2s7O4z0 pic.twitter.com/C1DsueqYx7

都道府県別では福井県が最も高く2.09倍、次いで東京都が2.05倍、石川県が1.9倍などとなっています。

一方、最も低かったのは北海道の1.09倍、次いで神奈川県の1.11倍、沖縄県の1.13倍で、8か月連続ですべての都道府県で1倍以上となりました。

・種別では、製造業や運輸・郵便業などの伸びが目立った

種別では、製造業や運輸・郵便業のほか、職業紹介や労働者派遣業を含む「サービス業(他に分類されないもの)」の伸びが目立った。

企業の求人は0.1%減と前月から小幅に減ったものの、求職者の減少幅(0.9%減)が上回った。

・今回の発表では、正社員に限った有効求人倍率も上昇

正社員を区分して統計をとるようになった2004年11月以降で最高を更新した。

●ネットでは、このニュースに様々な声が上がっている

正規の有効求人倍率が0.99まできた

有効求人倍率。なんかすごいね。

有効求人倍率が高水準なのかー。
なんかーなんがーなー。

失業者数が低下して就業者数が増加して有効求人倍率が改善して
失業率だけ悪化っていうのはどういう仕組みなんだろう

ちょっと調べてみよう

有効求人倍率
43年ぶり
また上がったか、
(´・ω・`)
失業率は少し悪化?
運送とかは
求人増えてるのね、
障害者雇用はどうなのか、
やりたいとこは
あまり上がらないだろうな、

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE