NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

小笠原諸島は大荒れの天気…南の海上に3つの台風、高波などに警戒を

   


○台風5号の暴風域に入り、小笠原諸島は大荒れの天気

気象庁によると、台風5号の暴風域に入り、小笠原諸島は大荒れの天気になっている。

台風5号は、動きが遅く、小笠原諸島の南の海上を南寄りに進んだあと、しだいに西から北寄りに向きを変える見込み。

強い台風9号は29日、竹富町、与那国町を暴風域に巻き込みながら、時速20キロの速さで沖縄の南を北北西に進んだ。

○しけは31日にかけて続く見込み

29日午後1時現在、台風5号は父島の南南東約70キロの海上で、南南西に向かって時速15キロで進んでいる。

小笠原諸島では、海はうねりを伴い、30日昼前にかけて大しけとなり、しけは31日にかけて続く見込み。

中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径80キロ以内は25メートル以上の暴風が吹いている。

○小笠原諸島では猛烈な風が吹いて、海は大しけ

強い台風9号の影響で沖縄県の与那国島では、30日朝にかけて波が高い状態が続く見込みで、気象庁はしばらくの間、高波に警戒するよう呼びかけています。

台風5号はこれから31日にかけて、勢力を次第に強めながら、小笠原近海をゆっくりした速度で南寄りに進む見通しで、小笠原諸島では猛烈な風が吹いて、海は大しけとなる見込み。

○海のレジャーは十分な注意が必要

沖縄県の与那国島は一時、台風の暴風域に入り、29日午後6時前に50.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。

また、北日本から西日本の太平洋側も波が高く、海のレジャーは十分な注意が必要。

与那国島は29日夜、台風の暴風域から抜けましたが、30日の朝にかけて波の高さが7メートルの大しけが続くと予想され、気象庁はしばらくの間、高波に警戒するよう呼びかけています。

○台風9号は中国大陸に上陸

一方、台風10号はこのあと東シナ海を北上し、31日には先島諸島に近づきそうだ。

○このニュースはネットでも話題になっています

台湾台風来てるんじゃないの… 大丈夫なん

南海上にいる台風5号がいなくならない限りは、関東はずっとこんな曇りや雨が続くね。

台風9号に引き続き台風10号も今日の午後には上陸か
台湾大丈夫かな。50年振りの連日の台風らしい

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE