NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

カメラグランプリ2016 – カメラ記者クラブ

   


カメラグランプリ「大賞」は、1年間(2015年4月1日から16年3月31日まで)に日本国内で新発売されたスチルカメラの中から、最も優れたカメラ一機種を選び、表彰するものです。

▼カメラグランプリ2016大賞

高画素スチル撮影はもちろん、4K動画撮影も可能な高性能機として、今後のレンズ交換式一眼カメラの方向性を見せてくれた。

▼カメラグランプリ2016 レンズ賞

35ミリ換算で600ミリF4という超望遠レンズでありながら非常にコンパクトな設計と、レンズとボディの手ブレ補正機構をシンクロさせることで6段分の補正効果を実現し、撮影者の機動力を大幅に高めることに寄与。

▼カメラグランプリ2016 あなたが選ぶベストカメラ賞

カメラグランプリ25周年(2008年)を記念して設けられた賞であり、専用Webサイトでの一般ユーザー投票によって選考された。得票数1位はニコン「D5」。

▼カメラグランプリ2016 カメラ記者クラブ賞

ユーザーが安心して使うことができる高画素機として仕上げられており、表現の可能性を広げたカメラというところに評価が集中した。

▼カメラグランプリ2016 カメラ記者クラブ賞

技術的にエポックメイキングといえる『メモリー一体1.0型積層型Exmor RS CMOSセンサー』を搭載。高速撮影時に真価を発揮するこの新しい技術が写真表現、カメラの進化に希望を感じさせた。

▼カメラグランプリ2016 カメラ記者クラブ賞

唯一無二のアドバンストハイブリッドマルチビューファインダー、モノクロ撮影の楽しさ を再認識させてくれる新フィルムシミュレーション「ACROS」など、クラシカルな外観に開発陣の並々ならぬこだわりが凝縮されている。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE