NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

流星群を見逃せねぇぇ。来月からの天体ショーをチェックしてね

   


オリオン座流星群極大

これからの時期、ぜひ見ておきたいのがオリオン座流星群です。

10月21日には,オリオン座流星群が極大を迎えます.2017年のピーク予想時刻は21日20時頃と特に問題のない時間帯で、かつ、月齢が1と月明りのない中での観測となる

オリオン座流星群の放射点、つまり星が放射状に流れる中心点は東の空にあります。

お口直しに、去年のオリオン座流星群の時の星景。流れ星は入らなかった。

#風景写真
#星景 pic.twitter.com/Ex7o3YmwQR

昨年の様子

今年のオリオン座流星群は10/21土曜日20時頃に極大をむかえます。
そして嬉しいことに月齢が1。天候が良ければ観察に絶好の条件が揃うそうですよ。

おうし座流星群極大

10月上旬から11月終わりにかけて,約2ヶ月間おうし座付近から流星が飛びます。

流星群は極大ピーク (多く見られる日)というものがありまして、おうし座流星群は、南群が11月6日前後、北群は少し遅めで11月13日前後です。

*2ヶ月間にわたって出現します。できればピーク時がきれいに見るチャンスです。

流星が夜空を流れていくスピードなのですが、おうし座流星群はこのスピードがどちらかというとゆっくりの割合が多いです。

しし座流星群 *おうし座流星群のコラボレーションも!

この時期は二つの流星群が同時に見られます!そのひとつ、しし座流星群は速度が速い流れ星が見られます。

規模は特別大きいわけではありませんが、安定して見られる流星群の一つとしてあげられます。

先ほどの流星痕を撮影した2001年のしし座流星群の時の様子。あの時の感動は忘れません、、
www12.plala.or.jp/chimura/diary/… pic.twitter.com/wV3K8H4Hfo

昨夜は快晴に恵まれました。
しし座流星群極大日でした。
明るい流星を撮影できました。
#ftvみんなの天気 pic.twitter.com/IulbxSb6T2

ふたご座流星群極大

日本でいちばんの見頃となるのは、極大を迎える前の、14日の0時過ぎを中心とした数時間だと考えられます(13日の夜だということに注意)。

1月のしぶんぎ座流星群、8月のペルセウス座流星群とならび「3大流星群」の一角をなすふたご座流星群。

今日午前4時過ぎに、しし座に出現したふたご座流星群の流れ星! pic.twitter.com/6c8daNERlY

最も多いときで1時間あたり40個程度の流星を見ることができると予想されます。

こんな時のために流星の写真を仕上げておいた()
今年のふたご座流星群の写真でまぁまぁきれいに映ったもの。
(1枚目: 黒田ダムで撮影、2枚目: 名古屋大学構内で撮影) pic.twitter.com/7uHHdwEep9

こぐま座流星群極大

観測が一晩中でき、月明かりもなく好条件です。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE