NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

レトロかわいい!「見てるだけでも楽しい本」が素敵すぎる

   


足の下のステキな床

各地に残る、昭和の古い建物の喫茶店、遊技場、マンション、ビルの床や階段の写真、189点を掲載。アールヌーボー、ジオメトリック、ハニカム、花柄、モザイクタイルなど、1970年代を中心とした、華やかでキッチュでかわいい足下写真集。

床を見るのがこんなに楽しいとは!この本で紹介されている189の床はデザインも素材も多彩だけど、北海道から九州まで全て日本の床というのが嬉しい♪

実物を見てみたい!と思う床に出会ったら、最後のページの床分布MAPを手に、収集場所に出掛けてみましょう。

ただし「探せばまだまだ、いくらでもステキな床はあります。」とのことなので、まずは日常の中で、ステキな床探しをしてみるのもいいかもしれません。

「#足の下のステキな床 コラボてぬぐい」
1.カバー付いてる状態とのコラボと
2.カバー外した場合のコラボの二種でございます!
pic.twitter.com/9FuWIdzJAa pic.twitter.com/vBQjvibyjq

【美術書担当者のオススメ】
グラフィック社発行『足の下のステキな床』美しい床に注目した一冊!可愛いタイルやテラゾー・カーペットがモリモリ載っております♪綺麗な床って思わず見惚れちゃいますよね~(*´˘`*)♡ pic.twitter.com/p4wSMXejX1

これは!とおもって買った本。めっちゃ好き…!「 足の下のステキな床」 pic.twitter.com/aWzxf9kzvU

この本に興味を持ってくれそうな知人がいたから連絡したら早速入手してくれたそうで「好きな床ばっかだに!たまらん可愛い!これっからどこへ行っても床ばっか見ちゃうらやぁ!」とのLINEが届き、私も嬉しくてたまらんやぁ!#足の下のステキな床 pic.twitter.com/pyhVo1sT1d

「足の下のステキな床」結局買ってしまった。私も床の写真撮るタイプなのだけど靴と一緒に撮影ってのはしーんせーん。表紙カバーのコート加工が狙ってるのかわからないけどとても良い。

遅ればせながら買ってまいりました。

人生俯きがちですが、俯いてこそ見えてくる世界があるなんて素敵です。

#足の下のステキな床 pic.twitter.com/4QZTqVQZrA

にっぽんのかわいいタイル 昭和レトロ・モザイクタイル篇

クッキーのように可愛らしい形、キャンディのように鮮やかで麗しい色彩、パズルのようなデザイン性に優れた組み合わせで、昭和の銭湯や映画館、煙草屋や家庭のお風呂場などを飾ったモザイクタイル。

「モザイクタイル」とは、タイル1枚の表面積が50平方センチメートル以下のタイルのこと。

本書は、日本の昭和を彩り、いまなおわたしたちを惹きつけてやまないレトロなモザイクタイルの魅力を、豊富なビジュアルと丁寧な取材で紹介します。

マジでかわいい。しかしかわいいだけでなく、昭和の時代に日本で広がったモザイクタイルの文化を、歴史を追って、原産地を訪れ、丁寧に解説した内容は読みごたえがあります。

あまりに懐かしく、かわいらしく、素敵なタイルたち。そのバックグラウンドを知る楽しみがここにあります。昭和を残すモザイクタイルの街を映した写真にひたすら見とれました。

レトロなタイルが大好きで、注文しといた本が届いた。あぁかわいい…タイルの歴史や全国のタイルを貼った建物がたくさん載ってます。やることやったらゆっくり見よう…(ˇᴗˇ) pic.twitter.com/2q61qObIyb

おしゃれ雑貨屋さんで、笠原のタイルなど〝にっぽんのかわいいタイル〟本に出会って驚いた instagram.com/p/BNZAPGBh2o3/

タイルって美味しそうだな。

「にっぽんのかわいいタイル」 pic.twitter.com/mp6fefqWti

「にっぽんのかわいいタイル」懐かしい時間と馴染みの町の名前が詰まっていて、撫でるようにめくる。とても豊かな一冊。多治見モザイクタイルミュージアムへ、早く行きたい! pic.twitter.com/l7B6Z3bf35

日本のかわいい刺繍図鑑

いつもの糸とステッチで刺繍できる、おしゃれでかわいい和の図案。200点以上の図案と作り方に加え、すべての意匠の名と意味を、由来や物語から紹介します。

この本のよさは刺繍本であると同時に「刺繍でみる日本のデザイン図鑑」だというところ、だと思います。

昔ながらの日本の文様や鳥獣戯画を今風にアレンジした図案や、妖怪アルファベットや十二支の時計など、他では見たことがない(しかもかわいい!)デザインも豊富です。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE