NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

悪質すぎ…通販の「お試し」でトラブルが急増してる

   


いま「初回お試し」で、トラブルが急増中…

こういった通信販売による定期購入を巡り、2015年度は過去最多の5620件の相談が寄せられた

「お試し」の広告にひかれて通販の商品を購入したら、知らぬ間に「定期契約」になっていた

増える原因は、やっぱり広告表記

注文画面を確認すると、下の方に小さな文字でその旨、書かれていたりする

初回のお試し価格500円で申し込んだら、請求書に「5回以上継続しないと解約できない」とあった…

「お試し価格」を大きな文字で強調して消費者をひき付け、定期購入の記載を目立たせない仕組み

これ悪質なのが・・・

通常価格がないと思われる事例も見つかってる

その結果、消費者が海外の事業者と気づかずに契約して、事業者と連絡がとれない、言葉の壁があり十分な解約交渉ができない

解約できないまま次々と商品が届き、解約可能期間を過ぎる…。

しかも、通販では「クーリング・オフ」がない…

通販は、クーリングオフの対象外で無条件解約できないため、トラブルになるケースが目立つ

小さすぎる記載や、サイトの注文画面から離れた場所に記載されている場合は無効になることもある

返品条件がちゃんと書かれていなければ、契約解除できるそう。

ネット販売では、返品条件を「わかりやすい位置」にと「最終確認画面」で表示がなければ、8日間の契約解除(返品ルール)が採用

とりあえず、国民生活センターに相談するといいみたい。

お試しする上で注意点抑えておきたい

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE