NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

無事に閉幕。。でも、リオの「厳しい試練」はまだ中継地点

   


盛り上がった「リオ五輪」これにて閉幕

何だかんだ言われていたけど、成功した

成功するはずがないと言う人もいたが、なんとか無事に終えられたことは良かった

バッハ会長はIOCが「国内総生産(GDP)の低い国でも、五輪開催は可能であることを示した」と強調

なじみの薄い小国の選手や難民選手団の選手たちに暖かい声援が送られブラジルの“おもてなし”の象徴となる

結局五輪を支えたのは、ブラジル人の人柄だったのかも

どんなトラブルがあっても基本的に寝る前には「ブラジル楽しいなあ」ってなってる。ブラジルほんと良い国

ブラジルは明るくて他のオリンピックは知らないけど裏方さん表彰したり良い国だったね

いろいろ乗り越えるべき課題はたくさんあるけど、このオリンピックを機に一つずつ乗り越えていってほしいな

で、「ほっと一息」といきたい所なんだけど

で、このパラリンピックとんでもないものになりそう

来月7日に開幕するパラリンピックは大会の運営を巡り、深刻な資金不足に陥っている

現時点でスポンサー収入が当初の目標に遠く及ばず、チケットの売り上げもわずか12%にどどまっていて、深刻な予算不足

なんじゃそれ

参加国への旅費の支払いが遅れて10の国と地域が参加できない状態

五輪のほうでお金使いすぎたのが問題らしい

国際パラリンピック委員会会長「パラリンピック56年の歴史の中でこのような状況に直面したことはかつてない」

とりあえず、直近ではこれをなんとかして欲しい…

仮にパラリンピックが成功したとしても…

1988年のソウル五輪以降、夏季6大会で成長率を比べると、開催年よりその翌年が上昇したのは米国だけ

基本的に、五輪を開催すると経済が落ち込む

ちなみにバルセロナ五輪に至っては、五輪の翌年にマイナス成長を記録している

1964年10月に開催された東京オリンピックの後、高度成長期の最中「昭和40年不況(または証券不況)」と呼ばれる景気後退に直面

日本の実質経済成長率(実質GDP増加率)は、1963年8.8%、1964年11.2%だったが、1965年は5.7%と鈍化

幸い、日本はその後「いざなぎ景気」を迎えて立ち直っている

ブラジルの経済パフォーマンスは期待を大きく裏切る結果となっており、資産価格の下落も厳しいものに

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE