NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

ツイッターアカウント凍結基準【7ヶ条】

   


そもそもtwitterのアカウント凍結とは?

規約違反を犯したため、
ツイッターの運営側が対象アカウントの利用を停止させるもの。

アカウントが凍結されるとどうなる?

この状態になると規制とは異なり時間が経過してもTwitter利用ができないままです。
アカウントが削除された状態として扱われるので、
対象アカウントのフォロー数、フォロワー数はゼロとなり、
他のツイッターユーザーから検索されることもなくなってしまいます。

【凍結基準1】短時間で大量のフォローを行う行為

ツイッターのフォロワーを増やすために、
フォロー返しを狙って、たくさんのツイッターユーザーをフォローする方法がありますが、
短時間で大量のフォローを行うと、アカウント凍結の対象になります。
明らかに自動フォローツールを利用していると思われるような、
短時間の大量フォローはやめたほうがいいです。
フォローを行う場合は、数十人へのフォローを1時間ごとに繰り返すなど、
こまめに行うのが効果的です。

フォロー数>フォロワー数の場合は、
20フォローを一気にやっただけで凍結された経験があります。
逆に、フォロワー数>フォロー数の時は
20フォローくらい一気に手動でやっても凍結されることはまずないです。

あなたのフォロワー数が

100人以下の場合
1日最大100人までしかフォローしない。

できれば1日50人くらいで徐々に増やすのが望ましい

100人~1000人の場合
1日最大150人までしかフォローしない。

できれば1日100人前後で徐々に増やすのが望ましい

1000人以上の場合
1日最大300人までしかフォローしない。

できれば1日300人程度に留めた方が無難

10000人以上の場合
1日最大500人までしかフォローしない。

フォロー間隔は揺らぎを持たせることが大切です。
3秒間に1回のように決められていると明らかに機械的なので
怪しいと思われて凍結されるでしょう。

【凍結基準2】 短時間で大量のリムーブを行う行為

短時間で大量のリムーブを行うと、アカウント凍結の対象になります。特にリムーブの場合、フォローと違って厳しい傾向にあります。
1日に100人程度のリムーブでも、
アカウント凍結の対象になる場合があるので注意が必要です。

1日最大300人までしかフォロー解除しないこと。
できればフォローした数と同じか少し多い程度に留めた方が無難。
一括フォロー解除は数回に分けて行いましょう。
1回の一括フォロー解除は最大50人まで。(一気に何百人もフォロー解除してはいけません)
できれば20人ずつを複数回に分けて行ったほうが無難。

【凍結基準3】 アカウントの大量作成

むやみに大量のアカウントを作成するとアカウント凍結の対象となります。
といっても、ツイッターでは複数のアカウントを所持することを
禁止しているわけではありません。
ツイート数やフォロー数とフォロワー数のバランスが適切であれば、
アカウント凍結の対象とはなりません。

大量のアカウント作成で一番やってはならないのが、
アカウント名を連番で作成してしまうことです。
例えばsendo1、sendo2、sendo3…というったように、
アカウントを大量作成すると、
どれか1つでもアカウント凍結になった場合は、
すべての連番アカウントが凍結になる恐れがあります。

【凍結基準4】 ツイートが主にリンクのみの場合

ツイートがリンクだけで構成されていたり、
内容のないツイートばかりのアカウントは、
アカウント凍結の対象になります。
ツイートにリンクを貼ること自体は問題ありまあせんから、
リンクを貼る場合は、必ずコメントを入れるようにすると良いでしょう。

【凍結基準5】 多数の人にブロックされている場合

多数の人からブロックされているのは、
ツイッター全体にとって有害なアカウントなので凍結されます。

最近多いですが、フォローした途端DMで宣伝をする人が多いです。
これも嫌がられてブロックされるために凍結されるのでしょう。

【凍結基準6】 アフィリエイトリンク、またはリンク先が商品を販売しているサイトである

アフィリエイトリンクだけのツイートや、
リンク先が商品を販売しているようなサイトで、
明らかに商用目的でのツイッターの利用を思わせる行為は、
アカウント凍結の対象となります。

アフィリエイトリンクの前に「PR」とつけたり、
「○○のページに飛びます」との注記をつけておけば、
問題はありません。

【凍結基準7】 6ヶ月以上利用していないツイッターアカウント

6ヶ月以上の利用していないツイッターアカウントは、
アカウント凍結の対象となります。
自動ツイートツールなどを使っていれば、
表面的には利用しているように見えますが、
これが「利用」と認められているかは定かではありません。
念のため、6ヶ月に1回はログインを行っておいたほうが
良いかもしれません。

さいごに

以上はあくまで個人の経験からの考察です。
公式に発表されているわけではないことをご理解願います。

それでは、楽しいtwitterライフを!!

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE