NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

これは助かる…!断りにくい職場ランチの処世術

   


断りにくい相手には…

“○○さんも誘っていいですか?”と切り返せば、“じゃあいいや”となることだってあります。下手に断るよりも、懸命な対応です。

別の話し相手を連れて行く。異性の同僚を連れて行き、同僚にしゃべってもらう。

正直、一人で食べる方が気楽。3人以上なら、まだマシ。一番気まずいのは2人です。

どうしても行かなくてはならない時には

しばらくは様子見で「聞き役」に回ってはどうでしょうか。私は基本的に聞き役+褒め殺しで乗り切っています。

ご飯が終わりそうな時間に携帯のアラームを設定しておき、メールを確認するふりをして、用事ができてしまったので済みません、と言って先に席を立つなどしています。

断るならこんな断り方がおすすめ

「母が時間を見つけて電話してと言われている」や「郵便局に行かなければいけない」などを選ぶといいでしょう。

銀行や郵便局、役所などの用事を持ち出す人も多いよう。あまり度重なると不自然なので、ここぞというときにとっておくといいかもしれません。

やることがあって、とパソコンを見ながら自席で食べるなど、共通して「相手が理由で断っているのではなく自己都合」という空気を出すことが大切です。

普段から興味のある資格の試験対策本を引き出しに一冊入れておくとよいでしょう。

『今は○○の資格の勉強中なの』とあらかじめ知らせておき、一人でランチをとりたいときは『今日は勉強したいから、ゴメン』と断ります。

断った後はこう言っておこう

すかさず、「あそこに美味しいお店ができたらしいですよ」と情報提供すれば、「社交的でいい子」という印象を与えられそうです。

ずばりオススメなのは、“今日はすみません。またこちらからお誘いします!”という返し方。

「今日は無理だけど、次は行こうね」とさりげなくフォローを入れることができるのは、相手方の印象も良くなる上手な断り方ですね。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE