NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

上手すぎる!俳優たちの声優初挑戦が絶賛されていた

   


■アニメ映画『ひるね姫』の第2弾キャストが発表された

ココネの幼馴染・モリオを満島真之介さん、モモタローの悪友・雉田役を前野朋哉さん、巨大自動車会社“志島自動車”の取締役・渡辺役を古田新太さん

岡山で暮らす昼寝好きの女子高生・森川ココネが繰り返し見る夢をきっかけに、彼女の知らない家族の秘密が明らかになる様子が描かれる

・江口洋介さんは声優初挑戦!

高畑が演じる主人公・森川ココネの父親・モモタローを演じるのは声優初挑戦となる江口。

初めてのアフレコを「セリフとセリフの間の、間の取り方や岡山弁が難しかったですが、後半は慣れて発声の際の声の圧の楽しみ方がわかった気がしました」と振り返っている江口。

・ヒロインの高畑充希さんもアニメ映画は初声優となる

アフレコを終えた高畑は、「大阪生まれの私にとって、岡山弁でのセリフはとても難しかったです」「(ココネは)さっぱりしていて、タフな女の子。たまに見える弱さも含めて、とてもチャーミングな役です。自分が指令してロボットが動く、というのは、感激でした」

▼そんな中、すでに公開作品で初声優の俳優たちが絶賛されていた

■『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』で初挑戦の綾野剛さん

全世界1億1500万本以上の売り上げを誇るRPG「FINAL FANTASY」シリーズの長編CG映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』(7月9日公開)

世界最高水準のCG技術をフルに盛り込んだ。ノクティスの父である国王レギスの視点で進行し、レギスとノクティス、父と子の絆がそれぞれ描かれる。

・めちゃくちゃ上手い綾野剛さん

声優初挑戦ということもあり、「プロの声優さんの凄みを感じました。(プロの方と)差があることを認めながら携わりました」と苦戦しながらも、出来上がった作品に自信を見せた。

KINGSGLAIVEの綾野剛は思ったより良かったよね。最初の方の任せろーみたいな台詞が舌っ足らずなのを抜かせば。むしろ声質はアニメ系より良かったかもしれないのでむしろこれから声優挑戦してほしい役者かもしれない。

最近映画の吹き替えやったタレント声優のなかでは綾野剛くんダントツで上手いな

劇場版FF15を観てきた。めちゃくちゃ面白かった!あれ全部CGなんだよな…技術の進歩ヤバい。下手なハリウッド映画の何倍も凄くて濃密な物語だった。あと綾野剛の演技上手いやん。最近は俳優さんでも声優上手い人多いね。

■『ルドルフとイッパイアッテナ』で初声優の鈴木亮平さん

ロングセラー児童小説をアニメ映画化した『ルドルフとイッパイアッテナ』(8月6日公開)で声の出演を果たした井上真央と鈴木亮平。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE