NAVERまとめの厳選まとめ

NAVERまとめの中から厳選したまとめ

ポプテピにCCさくら…名作漫画作者の新作に期待しか出来ない!

   


「この世界の片隅に」の作者の読み切りが面白い…早くも話題になっています!

「この世界の片隅に」や「夕凪の街 桜の国」などで知られるマンガ家・こうの史代さんの読み切り「ヒジヤマさんの永訣(えいけつ)」が、25日発売のマンガ誌「月刊コミックゼノン」(徳間書店)に掲載された。

一見クールだが実はおっちょこちょいな美大生の日常を描いた「ヒジヤマさん」シリーズの最新作。過去にも同誌2013年5月号に「ヒジヤマさんの背筋が凍った瞬間」が掲載されていた。

ヒジヤマさんの奇妙な印象、サスペンスを生む行動、それが実は。そして落ちの持って行き方がかわいい。このかわいさもまた、こうのさんの大きな魅力なのですよね。

他にもあの名作漫画作者が新作に挑戦するみたいです!

ブラック過ぎる…「ポプテピピック」の作者の新作がぶっ飛んでた…!

出版社「竹書房」のWebコミック配信サイト「まんがライフWIN」にて連載された4コマ漫画。大川ぶくぶ氏の手掛けるセーラー服をまとったかわいらしい少女二人のほのぼの日常を描いた内容となっています。

口が悪くて暴力的なポプ子の暴走に、相方のピピ美がツッコむ……とも限らない、混沌とした何とも形容しがたい漫画です。

連載当初はあまり注目されていなかったものの、破壊力のあるコマや台詞回しがネットに出回ると共に着々と知名度を上げていき、遂には幾度も重版がかけられるほどの人気を博すことに。

ポプテピピックでおなじみ大川ぶくぶ氏が手がける4コママンガ。自身をペットとして飼って欲しいリスと、断固としてリスを飼おうとしない少女、あとその他少しの動物たちによって織りなされるギャグ作品である。

「ポプテピピック」に登場するポプ子とピピ美が、「指定暴力 竹」と判読できる看板の切れ端を手土産に乗り込んできたり、話題のギャグを節操なく取り込んだりと、尖ったネタが持ち味だ。

おなじみのあの人たちも参戦!

至高と究極を超える大川ぶくぶのギャグパワーに読者とワニブックスはついてこれるのか!? 2017年早々にして最高傑作の一冊です!!

リスポックリは今のポプテピピックから失われた「牙」みたいなモノを感じるから是非読んでくれ

「こどものじかん」の私屋カヲル先生も新作に挑戦!その内容とは…

ちっちゃいけどスゴイんだぞっ!見た目も行動もあどけなくてカワイイ九重りん、小学3年生!自由奔放な彼女らに振りまわされながらも奮闘する青木先生とりんの学園禁断ラブコメディ!

その内容の過激さと当時現実に起きた事件から、2007年10月からU系で放映されたスタジオバルセロナ制作のテレビアニメが一部局で放映拒否を受けた事でも話題になった。

この作品はあくまで一般向けの作品であり、作者自身は(エロで)「一般誌の限界に挑戦」しつつ「エロ漫画ではない」と語っている。

「こどものじかん」「女王様の絵師」の私屋カヲルによる新作「猫とごはんと装丁家」の1巻が、本日1月25日に発売された。

売れっ子なのに押しが弱い中年装丁家・多津美はアシスタント・杉町あさこと共に美味しいご飯で心を満たしながら、今日も美しい本を作るのです。

美しい本を作るには、元気がでる美味しいごはんと、そばでゴロゴロしている猫が必要なのです。私屋カヲル先生が描く、心が動く本作りの物語。

ウイングス 猫とごはんと装丁家 職業もの&いい話 私屋先生でこうくるとは。

どうなるんだ…CCさくらのCLAMPさんがあのイケメンたちを漫画化するぞ…!

女性四人組で活動する漫画界では特異な集団。 【clamp】とは『蝶番(ちょうつがい)』及び『お芋の山』という意味。

代表作に『CLAMP学園探偵団』『魔法騎士レイアース』『カードキャプターさくら』『ちょびっツ』『XXXHOLiC』『ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE-』などがある。

 - Uncategorized

×
CLOSE
CLOSE